介護ソフトを使って事務時間を減らし、人と接するぬくもりの時間を

介護ソフトとは

患者に寄り添う看護婦

介護ソフトが最近、様々な福祉、介護事業所で使われています。
介護ソフトとは、複雑な介護保険報酬請求事務に対応したソフトウェアの事です。
介護保険請求事務には、その事業所における請求額の算定やケアプランなどの各種帳票類の作成が必須となります。
それらの事務作業を短縮し、また過去の利用者のデータを効率的に管理出来るので、大変便利です。
時間を有効に使う事ができると共に、膨大な帳票類の保管場所に困る事もなくなるのがこの介護ソフトのメリットだと言えます。

介護ソフトには大きく分けて2つの種類があります。
パッケージ型とASP型です。
パッケージ型は、パソコンにソフトを直接入れてインストールするとう方法で利用します。
パッケージ型の介護ソフトは、セキュリティに強いという面がありますが、そのソフトの更新やメンテナンス時には自分達で更新やメンテナンスをする必要があります。
その為パッケージ型のソフトを導入する場合は、パソコンに強い職員がいる必要があります。
一方、ASP型ですが、ASP型はインターネットを経由してシステムを取り込みます。
その為セキュリティに問題があるのではと思う人も実は多いです。
しかしそのような事はなく、パスワードの管理などを徹底する事により、情報漏洩といったリスクを回避する事が出来ます。

パッケージ型、ASP型、それぞれにメリットがあります。
其の違いや使い方をよく知り、事業所にマッチした介護ソフトシステムを導入する事が良い方法だと言えます。
また、介護と一言で言っても、その対象とする人は様々です。
介護には高齢者の介護と障害者の介護があります。
それぞれに用いやすい介護ソフトが存在するのです。

    障害者対象介護ソフト
    聴診器とパソコン

    障害者用の介護ソフトには、居宅介護、重度訪問介護、行動援護、同行援護などがあり、障害者保険ソフトならそれらの事務処理もラクラクに操作する事ができ、多くの人に選ばれています。

    Learn more

    介護ソフトの魅力
    病院の待合室

    利用者の管理やサービスにかかる費用の請求、また施設でのスケジュール管理など、様々な目的に対応していて、便利に使う事が出来るのが障害者用介護ソフトの持つ魅力だと言えます。

    Learn more

    短期入所にも対応
    病院の手術室

    障害者を短期で受け入れる施設でも介護ソフトでの処理が可能です。ケア記録を残す事が出来るので、再度の短期利用時にもしっかりと手厚い介護サービスを行なう事が可能です。

    Learn more

    療養介護に役立つ
    リハビリルーム

    障害者の個別支援計画システムや預かり金を管理するシステム、また栄養ケア・マネジメントといった分野にも利用でき、総合的な管理が可能なのが介護ソフトの特徴だと言えます。

    Learn more

    就労支援にも
    病院の建物

    就労支援システムを搭載した介護ソフトなら、障害者の就労支援の記録をとりながら、効率的に各々の支援計画を進める事が出来るので、事務作業に充てる時間の軽減になります。

    Learn more

    自動発達支援に
    病院前に立つドクター

    介護ソフトは自動発達支援に関わる施設でも利用されています。給食や支援記録をつけられるシステムなど、障害者介護ソフトにはその施設に特化した機能が備わっているのです。

    Learn more